「辛い」「苦しい」といったあまり良くないイメージが先行している胃のカメラですが、近年では福岡でもカメラ自体が細くなり、口から挿入するよりも比較的苦痛の少ない、鼻からの挿入で検査が可能になったりと、検査技術が向上しています。胃のカメラを実施する大きな目的は、ガンを見つけるためです。ガンだけではなく胃潰瘍など他の病気を見つける目的もありますが、ガンを早期に見つけ迅速に治療を行うことが最大の目的です。胃のカメラで見つけられる主なガンは、胃ガンと食道ガンです。胃のカメラは多くの医療機関で受けることができるため、かかりつけの病院で検査を実施しているのかを聞いてみると良いでしょう。かかりつけの病院がない時には、ネット上で多くの病院が掲載されているサイトを閲覧したり、口コミを探してみるのも有効的な探し方です。

胃のカメラを福岡で受ける時の流れ

胃のカメラを福岡で受ける時の流れは以下のようになっています。まず検査を行っている医療機関を受診して、どんな症状があるのかを伝えた上で胃のカメラの予約を取ります。胃のカメラを受け何らかの病気の疑いがある部分は、一部をつまみ取り詳しい検査が行われます。そして後日その結果を聞きに行きます。個人のクリニックで疑わしい部分が無かった場合には、その場で結果を伝えてもらえますが、大病院で検査する医師と診察する医師が違っている場合には、この3つの行程を経ることが多くなっています。胃のカメラを行う日は朝食を取ることができないため、もし血を吐いたり、黒い便が出ていたり、貧血の症状がある時には、当日に検査をすることもありうるため、予め朝食を取らずに医療機関を受診するとスムーズに検査まで行うことができます。

胃のカメラが得意な福岡の医療施設の調べ方

消化器内視鏡を専門にしている医師の間では「胃のカメラは奥が深い」と言われているそうです。これは診断が難しいことを指しています。胃のカメラは福岡でも比較的多くの医療施設で受けることができるため、大きな病院では研修医がおこなったり、消化器内視鏡が専門ではない医師が行ったりする医療施設もあります。胃のカメラを痛みや苦しみが少なく挿入することも重要なポイントですが、何よりも大切なのは「病気を発見すること」です。そのため信頼できる医師を探すためには、かかりつけ医に信頼できる医師を紹介してもらうことも重要です。また消化器内視鏡の専門医であり、特に胃のカメラを専門としている医師、治療内検査まで行っている医師の情報を得ることも大切です。早期に胃がんを発見するための研究会があるので、そこの勉強会に積極的に参加している医師も熱心で向上心のある良い医師だと言えるでしょう。