胃カメラは体の内部を直接見ることが出来る機器のため、体の負担が少なく内臓を観察できるものです。食道、胃、十二指腸を直接観察することで小さな変化に気づくことが出来、重大な病気にかかる前の症状を見ることが出来ます。胃カメラを利用する場合は現在の症状が悪く検査する場合と定期検査や人間ドックを利用した結果検査を受ける場合に分類できます。これらの検査を受ける最大の目的としてがん等の心配があります。この検査を受けることにより、早期のがん治療が出来れば、その後のがんの再発予防や生存率といった部分に大きく変わってくることになります。そのために胃カメラの検査を積極的に受けることは、がん以外による体の調子が悪い場合でもその後の治療の負担軽減になるので、忘れずに検査を受けるようにしましょう。

福岡で胃の検査が得意な病院探し

福岡県で胃カメラ検査が得意な病院探しをする際に、初期の胃がんや食道がんの早期発見にとても有効な機能が付いている最新式の胃カメラを導入している病院があります。消化管がん内視鏡資料では九州でトップクラスの治療経験に基づいた検査を実施しているのです。この検査方法では、麻酔薬を使用して胃の内視鏡検査を行います。患者の年齢、体重、薬の服用歴、前回の検査時の麻酔の投与量から麻酔方法を決定するので、大変安心できます。ほとんどの患者は眠っている間、またはぼんやりとしている間に検査が終わってしまいます。おう吐反射の強い人、検査に対する不安がぬぐえない人には大変おすすめの検査方法です。苦痛なく検査が受けられ、鼻からの胃内視鏡を麻酔なしでやるより苦痛が少ないことがメリットと言えるでしょう。

昨今の福岡の病院の胃カメラの特徴

昨今の全国の病院、もしくは福岡の病院の胃カメラの特徴は鼻からカメラを挿入することが主流となっています。鼻から挿入することにより、検査中でも話が出来る、おう吐反射が起こりにくい、口から挿入するのに比べて苦しくない、麻酔の量を少なくできるといったメリットがあります。鼻から入れる場合は内視鏡が下に触れることが無いのでほとんど吐き気をもよおしません。また、検査中でも話が出来るので気になったことをその場で確認できるので、安心して検査が受けられます。鼻からの検査は鼻腔へのスプレーで出血を予防し、ゼリー状の液体を流し込み局部麻酔を行いますが、鼻の中へ注射をするようなことはありません。麻酔に用いる薬は少量のため、体への負担は少なく、検査が終了した後も30分~1時間で水を飲んだり食事をしたり、運転することも可能です。